アンチエイジング

アンチエイジングとは時計の針を少し戻してゆっくり年を重ねてゆくこと。
抗酸化を狙うなら黒、紫、赤色食材がお勧めです。黒豆、ブルーベリー、トマトなど・・・探せば意外と多いもの。
艶やかなお肌には女性ホルモンを整える大豆や鶏手羽のゼラチン質、コレステロールや中性脂肪が気になりだしたら鯖、鯵、秋刀魚などの青背の魚を少しずつ取り入れましょう。
年を重ねるごとに美しく!アンチエイジングの醍醐味です。

記事一覧

薬膳料理レシピ:胡桃汁粉

滑らかに仕上げられた胡桃汁粉は腸が乾燥しておこる便秘にも効果的。 胡桃(くるみ) 棗(なつめ) もち米 胡桃(くるみ)は3、4回茹でこぼして、アクを除き、薄皮をむく。 棗(なつめ)を煮て裏ごしする。 ①と&

薬膳料理レシピ:紅麹、春菊と木耳の巻きずし

紅麹(べにこうじ)は紅麹金菌を発酵させた赤色の麹菌の一種です、 中国の薬草の古い書物の「本草網目」にも消化を助け、血液の巡りを良くし、内臓を強くする効能が記されています。紅麹菌(べにこうじきん)を発酵させた赤色麹菌の一種

薬膳料理レシピ:山芋寄せ豆腐

滋陰作用のある山芋と皮膚の乾燥を予防する松の実を合わせ、滑らかな肌質作りを目指します。 大和芋(やまといも) だし 醤油 酒 粉寒天 松の実 クコの実 大和芋(やまといも)を蒸して裏ごしする。 ①を出汁でのばして火にかけ

薬膳料理レシピ:牡蠣の餡かけ粥

牡蠣の殻は、生薬の牡蠣(ぼれい)としてイライラをおさえ、精神を安定する働きがあります。 米 牡蠣(かき) お好みのきのこ 葛(くず) 生姜(しょうが) オイスターソース だし 酒 醤油 砂糖 粥を炊く。 あんを作る:だし

薬膳料理レシピ:紅麹プリン・ベリーベリーソース

血液を増やすベリー類と血液の流れを良くする紅麹を組み合わせて、血液を補いながら巡りを良くします。アガーはゼラチンや寒天のようなものなので、これらで代用することも出来ます。 豆乳40㏄ 水200㏄ 紅麹(べにこうじ)小さじ

薬膳料理レシピ:金針菜・イカ・黒木耳のサラダ・中華風ドレッシング

金針菜(きんしんさい)、いか、黒木耳(くろきくらげ)など血液を補う食材を合わせ、相乗効果で貧血予防。 金針菜(きんしんさい) 黒木耳(くろきくらげ) ほうれん草 いか クコの実 醤油 ごま油 酢 砂糖 いかは茹でて細切り

薬膳料理レシピ:海老と胡桃のチリソース

海老、胡桃、生姜、葱は体を温める食材です。食材の力で体の中から冷えを追い出しましょう。 胡桃の実の形は脳の形と似たことから健脳作用があると言われています。 海老 胡桃 ねぎ 生姜 ケチャップ 豆板醤 塩 砂糖 酒 コショ

薬膳料理レシピ:鴨ロースト赤ワインチェリーソース

血液を補う鴨肉にチェリー、赤ワイン、グローブ、シナモンなどの体を温める食材を組み合わせ、血液不足からの冷えがある方にお勧めです。 この赤ワインチェリーソースのバルサミコ酢、醤油を抜けば、ヨーグルトやアイスクリームのソース

薬膳料理レシピ:さんまと温め野菜のオイスターソース

さんまや玉ねぎ、ピーマンは血行をよくする食材です。血行不良からの肩こりの方にも嬉しい献立です。 さんま 玉ねぎ ピーマン 人参 紹興酒   【餡】 水 オイスターソース 酒 みりん 片栗粉 さんまは3枚におろして片身を3

薬膳料理レシピ:潤い参鶏湯(サムゲタン)

コラーゲンが豊富な鶏手羽肉と白木耳(しろきくらげ)、お肌をしっとりさせる松の実を合わせてお肌の潤い効果を高めます。 棗(なつめ)は別名「脾の果実」と呼ばれ胃腸を強めます。 また柔らかく炊き上げる調理法も胃腸の弱い方には嬉
2 / 41234

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。