冷え性

成人した女性の2人に1人は冷えの症状があると言われています。
冷えと一緒に肩の凝りがある人は血流を良くする韮(にら)、ニンニク、葛(くず)、黒砂糖などがお勧めです。
普段から胃腸が弱く冷えている人は南瓜、蕪(カブ)、海老、乾姜(かんきょう)などでお腹の中を温めましょう。
貧血気味で寒さに弱い人は木耳(きくらげ)、人参、棗(なつめ)、金針菜などの血液を増やす食材を積極的に摂りましょう。
冷えを感じている時は、冷たい物を食べ過ぎない、体を冷やさない事が基本です。

記事一覧

薬膳料理レシピ:蒸し鱈の黒酢ピリ辛ソース

ピリ辛ソースに黒酢を加えることでより体を温めて血行をよくする効果がアップします。 鱈(たら) 塩・コショウ・上新粉 ねぎ 黒ごま 鷹の爪 醤油 黒酢 オイスターソース 鱈(たら)は塩、胡椒をして上新粉をまぶし5分ほど蒸し

薬膳料理レシピ:砂肝の香味和え

砂肝は鶏の胃の一部で食べ物を砕く所です。胃もたれや腹部に膨満感がある時にお勧めです。丁寧に白い筋を除くと柔らかく食べられます。辛味の食材を少しだけ加えて胃を温めて働きを活発にして上げましょう。 砂肝 200g 五香粉 小

薬膳料理レシピ:海老と胡桃のチリソース

海老、胡桃、生姜、葱は体を温める食材です。食材の力で体の中から冷えを追い出しましょう。 胡桃の実の形は脳の形と似たことから健脳作用があると言われています。 海老 胡桃 ねぎ 生姜 ケチャップ 豆板醤 塩 砂糖 酒 コショ

薬膳料理レシピ:鴨ロースト赤ワインチェリーソース

血液を補う鴨肉にチェリー、赤ワイン、グローブ、シナモンなどの体を温める食材を組み合わせ、血液不足からの冷えがある方にお勧めです。 この赤ワインチェリーソースのバルサミコ酢、醤油を抜けば、ヨーグルトやアイスクリームのソース

薬膳料理レシピ:さんまと温め野菜のオイスターソース

さんまや玉ねぎ、ピーマンは血行をよくする食材です。血行不良からの肩こりの方にも嬉しい献立です。 さんま 玉ねぎ ピーマン 人参 紹興酒   【餡】 水 オイスターソース 酒 みりん 片栗粉 さんまは3枚におろして片身を3

薬膳料理レシピ:鶏パセリ団子と蓮根の炊き合わせ

棗(なつめ)、椎茸、鶏肉と気を補う効能のある食材を組み合わせています。気虚の場合は胃腸の気も虚しているので、ほんのり甘く、胃腸に優しい味付けをしてあげて下さいね。 棗(なつめ) 椎茸 蓮根(れんこん) 鶏肉 パセリ 酒

薬膳料理レシピ:潤い参鶏湯(サムゲタン)

コラーゲンが豊富な鶏手羽肉と白木耳(しろきくらげ)、お肌をしっとりさせる松の実を合わせてお肌の潤い効果を高めます。 棗(なつめ)は別名「脾の果実」と呼ばれ胃腸を強めます。 また柔らかく炊き上げる調理法も胃腸の弱い方には嬉

薬膳料理レシピ:まぐろと香味野菜のカルパッチョ

まぐろは血液を増やす食材です。玉ねぎなどと合わせれば血液サラサラ、疲労回復効果抜群! 血色の良い、健康美肌効果も期待できます。 2013年7月31日放送のおはよう朝日(朝日放送)『けさのクローズアップ』にてこのレシピが紹

薬膳料理レシピ:鯵と夏野菜の黒酢南蛮

鯵は胃腸の冷えには効果的な食材で酢と合わせることで効果がグーンとアップ。 また血液サラサラ効果もあり、動脈硬化や老化防止に効果的な1品です。 2013年7月31日放送のおはよう朝日(朝日放送)『けさのクローズアップ』にて

薬膳料理レシピ:エビとネギのピリ辛炒め

腰は「腎の腑」と呼ばれています。海老は体を温め、腎に入る食材です。腰の冷えを感じる時にお勧めの一品です。 むきエビ   葱   鷹の爪   酒 少々 片栗粉 少々 オイスターソース &nbs
3 / 41234

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。