便秘

便秘は食べ物が便になって排出されるまでの時間の長さではなく、腸がきちんと働いているかどうかで決められます。
2~3日に1回の排便でも適度に水分があり、スッキリ気持ちよい状態なら便秘とは言えませんし、逆に1日1回きちんと排便していても、コロコロ便で排出困難な状態であったり、排便までお腹が張って痛んだりする場合は便秘と言えるでしょう。
便秘の改善はまず自分の便の状態や排便時の状態で対処が異なります。
便がコロコロして硬く、口臭のある「腸に熱があり便が乾燥しているタイプ」ならバナナ、スイカ、クラゲなど水分があって熱をさます食材がお勧めです。
便意はあってもなかなか出なく、排便後に疲労感のある「排出する力の弱いタイプ」ならイチジク、松の実、蜂蜜など便の滑りが良くなる食材がお勧めです。
環境が変わるとたちまち便秘になり「お腹が張って痛みが出るタイプ」なら大根、紫蘇、らっきょうなどで気の流れをよくしておきましょう。

記事一覧

薬膳料理レシピ:新ジャガのそぼろあん

気力を補うじゃが芋と鶏肉を合わせ、疲労回復に役立つ一品です。 新ジャガ 250g 鶏ミンチ 80g えんどう豆 適量 人参 適量 出汁 300cc 酒 大1 味醂 大1 醤油 大1/2 砂糖 大1/2 塩 少々 水溶き片

薬膳料理レシピ:蓮根紫蘇焼売

蓮根(れんこん)は生の状態だと体の熱を冷まし口やのどの渇きを潤して咳を鎮めます。 加熱すると胃腸を強めて下痢を抑え、また美肌作りに役立ちます。 蓮根(れんこん) 200g 豚ミンチ 120g 玉ねぎ 60g 紫蘇 5枚

薬膳料理レシピ:無花果と柿の白和え

豆腐と果物は食べる直前にあえる。 無花果(いちじく) 2個 柿 1/2個 木綿豆腐 1/2丁 マスカルポーネチーズ 大2 塩 少々 豆腐はキッチンペーパーに包んで絞り、水切りをする。 無花果(いちじく)、柿は食べやすい大

薬膳料理レシピ:鮪アボカド丼

血液増加に働く鮪(マグロ)と気を補い消化吸収力を高めるアボカドを合わせ、疲労回復に役立つ一品です。 玄米ご飯 丼2杯分 ライムスライス 2枚 プチトマト 2個 鮪(マグロ) 200g アボガド 1個 温泉卵 2個 青野菜

薬膳料理レシピ:玄米とろろかけご飯

山芋(やまいも)、めかぶ、白木耳(しろきくらげ)など体の水分を補う食材を合わせ、火照りや口の渇き、体の乾燥を予防する一品です 玄米ご飯 茶碗2杯分 長芋 5cm オクラ 2本 めかぶ 1/2パック 白木耳(しろきくらげ)

薬膳料理レシピ:玄米粉のガレット・茸の盛りこみ

通便効果のある玄米粉や茸を合わせ、秋の便秘対策に役立つ一品です。 (2枚分) ガレット 玄米粉 50g 卵 1/2個 豆乳 100cc 塩 少々 米油 具財 マッシュルーム 2個 椎茸(しいたけ) 2個 しめじ 1/4パ

薬膳料理レシピ:白木耳とグレープフルーツ、苺のゼリー

肌や腸に潤いを与える白木耳(しろきくらげ)とビタミンCが豊富なグレープフルーツを組み合わせ、紫外線がきつく、乾燥した季節の美肌作りに役立つスイーツです。 白木耳(しろきくらげ) イチゴ アガー 砂糖 蜂蜜レモンシロップ

薬膳料理レシピ:さつま芋の炊き込みご飯

胃腸が弱く、便秘気味なかたにお勧めのご飯です。 米 さつま芋 出汁 薄あげ 酒 醤油 塩 味醂 さつま芋は食べやすい大きさに切る。薄あげはみじん切りにする。 洗った米に材料の全てを入れて普通に炊く。 さつま芋の効能

薬膳料理レシピ:蓮根と三つ葉のサラダ、甘酒とヨーグルトドレッシング

美肌効果のある食材と整腸作用のあるヨーグルトや甘酒をドレッシングに使い、美肌効果を高めます。 蓮根(れんこん)150g 三つ葉2袋 えのき1/2袋 【A】ドレッシング プレーンヨーグルト大さじ2 甘酒大さじ3 オリーブオ

薬膳料理レシピ:紅花入りキノコの炊き込みご飯

温めて血行促進する時は、おだしも体を温める鰹(かつお)だしか炒り子だしが効果的。体に滞った血を流し、生理痛や産後の悪露、打撲、肩こり、関節痛にも有効です。ただし、妊娠中、月経過多の人は禁忌です。 【4人分】 米2合 紅花
1 / 3123

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。