ストレス

「ストレス」という言葉はもともとは物理学的用語で物体に力が加わった時に生じる「ひずみ」を意味します。
医学的領域では丸いボールを指で強く押すとボールはへこみ、そのへこまされたボールの反応をストレス反応と言い、刺激を与えた指がストレス反応の原因のストレッサーと言います。
普段はこれを「ストレス」と呼んでいます。
人が生きている限り外部からの刺激からは逃れられません。外傷や中毒、寒冷、精神的緊張など何がストレスに感じるか?また、感じ方も人によって様々ですが、外部から加わるストレスにその人が耐えれなくなった時、心や体はサインを出します。このサインを見逃さず、早めに対処することが大切です。
胸や脇が脹って痛み、頭痛、イライラする「気の流れが滞っているタイプ」は気の流れをよくするスッキリした香りのセロリや春菊、柑橘類などがお勧めです。
咽に物が詰まった感じがあり、食欲不振、頭や体が重だるい「消化機能が落ちているタイプ」なら、はと麦、小豆、緑豆もやしなど水の流れをよくするものをプラスしましょう。
物忘れや不眠、よく夢を見る「心が養われないタイプ」なら人参、ほうれん草、黒木耳などの血液を増やすものにホクホクした芋や蜂蜜、椎茸など気力を補うものをプラスしましょう。

記事一覧

薬膳料理レシピ:アサリとクチナシの炊き込みご飯

クチナシ漢方ではの山梔子(さんしし)と呼ばれています。身体の熱を冷まして、胸部の不快感、咽の詰まり感、黄疸の治療にも利用されています。 米 2合 アサリ(殻つき) 300g 水 適量 酒 大2 枸杞子(クコシ) 1個 水

薬膳料理レシピ:白木耳とグレープフルーツ、苺のゼリー

肌や腸に潤いを与える白木耳(しろきくらげ)とビタミンCが豊富なグレープフルーツを組み合わせ、紫外線がきつく、乾燥した季節の美肌作りに役立つスイーツです。 白木耳(しろきくらげ) イチゴ アガー 砂糖 蜂蜜レモンシロップ

薬膳料理レシピ:菜の花の金柑サラダ

三寒四温の季節には菜の花が出回ります。菜の花も金柑も体を温める食材。油を少し合わせることで、菜の花のカロテンの吸収がアップします。金柑のビタミンCもプラスして美肌効果が期待できる一品です。 菜の花1袋 金柑6個 クコの実

薬膳料理レシピ:芹と鶏ささみの柚子醤油和え

サッと茹でて芹の独特な香りを活かす調理方がお勧めです。 芹(せり)1袋 鶏ささみ2本 酒・水大さじ2 昆布だし大さじ2 うすくち醤油大さじ1 柚子(ゆず)果汁適量 芹(せり)はサッと茹でて軽く絞り、食べやすい長さに切る。

薬膳料理レシピ:グレープフルーツと白木耳のデザート

夏の暑い季節にはグレープフルーツなどの苦味で寒性の果物がお勧めです。スッキリした香りは気持ちを爽やかし、白木耳(しろきくらげ)と合わせることでお肌を乾燥からも守る一品です。 白木耳(しろきくらげ) 10g グレープフルー

薬膳料理レシピ:三つ葉・金針菜・玉ねぎのかき揚げ・鬱金風味

薬膳ではめずらしい揚げ物ですが、ストレスを感じるときには必ずレモンなどの柑橘類を添えましょう。 三つ葉 金針菜 玉ねぎ 小麦粉 鬱金 レモン 三つ葉、金針菜、玉ねぎは食べやすい大きさに切る。 鬱金を加えた揚げ衣に材料をく

薬膳料理レシピ:決明子(ハブ茶)のゼリー桂花シロップ

決明子(けつめいし)(ハブ茶)は、目の疲れを癒し、肝臓の働きを助ける働きをすると言われています。 また通便作用があり、便秘での肌トラブルに有効です。 桂花(けいか)の甘い香りは気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。 や

薬膳料理レシピ:菊花柚子寿司

ストレスを感じると何となく体が熱をもっているような気がします。 ホロ苦い味は熱を鎮める効果があると言われています。 そして気の流れをスムーズにしてくれる柑橘類のさっぱりした香り。 気詰りは翌日に持ち越さないで、その日の内

薬膳料理レシピ:イカとセロリの塩味炒め

セロリは独特の香りで気を巡らせイライラを解消します。 シャキシャキとした歯触りが残るぐらいに手早く炒め、香りを残しましょう。 血を増やすイカを合わせて一生懸命働いている肝の働きを助けましょうね。 腹が立ったらセロリをバリ

薬膳料理レシピ:春菊と菊花の煮びたし

春菊の香りは滞った気の流れをスムーズにし、イライラを解消してくれます。 香りって脳に直接働きかける大切な要素なんですね。 手早くサッとの調理法で香りを大切にして、効能を充分に取り入れて下さいね。 春菊 菊花 クコの実 出
1 / 212

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。