ストレス

「ストレス」という言葉はもともとは物理学的用語で物体に力が加わった時に生じる「ひずみ」を意味します。
医学的領域では丸いボールを指で強く押すとボールはへこみ、そのへこまされたボールの反応をストレス反応と言い、刺激を与えた指がストレス反応の原因のストレッサーと言います。
普段はこれを「ストレス」と呼んでいます。
人が生きている限り外部からの刺激からは逃れられません。外傷や中毒、寒冷、精神的緊張など何がストレスに感じるか?また、感じ方も人によって様々ですが、外部から加わるストレスにその人が耐えれなくなった時、心や体はサインを出します。このサインを見逃さず、早めに対処することが大切です。
胸や脇が脹って痛み、頭痛、イライラする「気の流れが滞っているタイプ」は気の流れをよくするスッキリした香りのセロリや春菊、柑橘類などがお勧めです。
咽に物が詰まった感じがあり、食欲不振、頭や体が重だるい「消化機能が落ちているタイプ」なら、はと麦、小豆、緑豆もやしなど水の流れをよくするものをプラスしましょう。
物忘れや不眠、よく夢を見る「心が養われないタイプ」なら人参、ほうれん草、黒木耳などの血液を増やすものにホクホクした芋や蜂蜜、椎茸など気力を補うものをプラスしましょう。

記事一覧

薬膳料理レシピ:春菊と菊花の煮びたし

春菊の香りは滞った気の流れをスムーズにし、イライラを解消してくれます。 香りって脳に直接働きかける大切な要素なんですね。 手早くサッとの調理法で香りを大切にして、効能を充分に取り入れて下さいね。 春菊 菊花 クコの実 出

薬膳料理レシピ:ターメリックの炊き込みご飯

ターメリックは気血を巡らし、ストレスからの胸脇部の痛みや生理不順に効果が期待できるスパイスです。 体を温めるので、冷え性でストレスに弱い人や、自律神経の乱れで「ストレス冷え」になってしまったときに嬉しいご飯です。 米 干

薬膳料理レシピ:緑茶菊花茶

緊張が続いて興奮状態にあると目がさえて中々眠りにつく事が出来ません。そんなときは熱を鎮めるタイプの緑茶菊花茶がお勧めです。菊花と緑茶の苦味が心地よく、気分が落ち着いてきます。 菊花 クコの実 緑茶 温めた茶碗に菊花、緑茶
2 / 212

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。