お肉メイン

記事一覧

薬膳料理レシピ:新ジャガのそぼろあん

気力を補うじゃが芋と鶏肉を合わせ、疲労回復に役立つ一品です。 新ジャガ 250g 鶏ミンチ 80g えんどう豆 適量 人参 適量 出汁 300cc 酒 大1 味醂 大1 醤油 大1/2 砂糖 大1/2 塩 少々 水溶き片

薬膳料理レシピ:豚足と大根煮

お肌の乾燥が気になったら、チャレンジして下さいね。 茹で豚足 4本 大根 8cm 合わせ調味料:出汁 400cc 酒 150cc 紹興酒 50cc 砂糖 大3 黒砂糖 大1 醤油 大3 スライス生姜 2カケ 黒酢 大1

薬膳料理レシピ:蓮根紫蘇焼売

蓮根(れんこん)は生の状態だと体の熱を冷まし口やのどの渇きを潤して咳を鎮めます。 加熱すると胃腸を強めて下痢を抑え、また美肌作りに役立ちます。 蓮根(れんこん) 200g 豚ミンチ 120g 玉ねぎ 60g 紫蘇 5枚

薬膳料理レシピ:金針菜・イカ・黒木耳のサラダ・中華風ドレッシング

金針菜(きんしんさい)、いか、黒木耳(くろきくらげ)など血液を補う食材を合わせ、相乗効果で貧血予防。 金針菜(きんしんさい) 黒木耳(くろきくらげ) ほうれん草 いか クコの実 醤油 ごま油 酢 砂糖 いかは茹でて細切り

薬膳料理レシピ:芹と鶏ささみの柚子醤油和え

サッと茹でて芹の独特な香りを活かす調理方がお勧めです。 芹(せり)1袋 鶏ささみ2本 酒・水大さじ2 昆布だし大さじ2 うすくち醤油大さじ1 柚子(ゆず)果汁適量 芹(せり)はサッと茹でて軽く絞り、食べやすい長さに切る。

薬膳料理レシピ:鶏団子と南瓜、にらの味噌汁

寒い時期はお腹を温め血行をよくする酒粕を少し加えてポカポカ効果増大! 鶏ミンチ100g 蓮根(れんこん)3㎝分 南瓜(かぼちゃ)100g にら適量 生姜(しょうが)汁 塩 胡椒(こしょう) 黒胡椒(くろこしょう)少々 鰹

薬膳料理レシピ:砂肝の香味和え

砂肝は鶏の胃の一部で食べ物を砕く所です。胃もたれや腹部に膨満感がある時にお勧めです。丁寧に白い筋を除くと柔らかく食べられます。辛味の食材を少しだけ加えて胃を温めて働きを活発にして上げましょう。 砂肝 200g 五香粉 小

薬膳料理レシピ:鴨ロースト赤ワインチェリーソース

血液を補う鴨肉にチェリー、赤ワイン、グローブ、シナモンなどの体を温める食材を組み合わせ、血液不足からの冷えがある方にお勧めです。 この赤ワインチェリーソースのバルサミコ酢、醤油を抜けば、ヨーグルトやアイスクリームのソース

薬膳料理レシピ:鶏パセリ団子と蓮根の炊き合わせ

棗(なつめ)、椎茸、鶏肉と気を補う効能のある食材を組み合わせています。気虚の場合は胃腸の気も虚しているので、ほんのり甘く、胃腸に優しい味付けをしてあげて下さいね。 棗(なつめ) 椎茸 蓮根(れんこん) 鶏肉 パセリ 酒

薬膳料理レシピ:潤い参鶏湯(サムゲタン)

コラーゲンが豊富な鶏手羽肉と白木耳(しろきくらげ)、お肌をしっとりさせる松の実を合わせてお肌の潤い効果を高めます。 棗(なつめ)は別名「脾の果実」と呼ばれ胃腸を強めます。 また柔らかく炊き上げる調理法も胃腸の弱い方には嬉
1 / 212

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。