15分以内

記事一覧

薬膳料理レシピ:無花果と柿の白和え

豆腐と果物は食べる直前にあえる。 無花果(いちじく) 2個 柿 1/2個 木綿豆腐 1/2丁 マスカルポーネチーズ 大2  塩 少々 豆腐はキッチンペーパーに包んで絞り、水切りをする。 無花果(いちじく)、柿は

薬膳料理レシピ:紅花海老チャーハン

紅花(べにばな)の活血作用は強く妊娠中、月経過多の人は禁忌です。 紅花(べにばな)を加えなくても、海老、韮、生姜、ニンニクなどの体を温める食材の相乗効果で冷え症改善に役立つ一品です。 ご飯 茶碗3杯 海老 8尾 韮 1/

薬膳料理レシピ:はと麦の炊き込みご飯

出汁には、はと麦の茹で汁に昆布を入れて作ったはと麦昆布出汁を使って下さいね。 米 2合 はと麦(乾燥) 30g 人参 40g 椎茸 40g 薄あげ 1/2枚 昆布だし 2カップ 酒 大さじ1 醤油 大さじ1 きぬさや 少

薬膳料理レシピ:さつま芋の炊き込みご飯

胃腸が弱く、便秘気味なかたにお勧めのご飯です。 米 さつま芋 出汁 薄あげ 酒 醤油 塩 味醂 さつま芋は食べやすい大きさに切る。薄あげはみじん切りにする。 洗った米に材料の全てを入れて普通に炊く。 さつま芋の効能

薬膳料理レシピ:独活とわさび菜の和え物

独活(うど) わさび菜 白味噌 みりん 酢 独活(うど)は厚めに皮をむいて5㎜幅、3㎝の長さに切り、酢を少々加えた水に15分ほど浸け、サッと茹でてザルに上げる。 わさび菜は食べやすい大きさに切ってサッと茹でて軽くしぼる。

薬膳料理レシピ:紅麹プリン・ベリーベリーソース

血液を増やすベリー類と血液の流れを良くする紅麹を組み合わせて、血液を補いながら巡りを良くします。アガーはゼラチンや寒天のようなものなので、これらで代用することも出来ます。 豆乳40㏄ 水200㏄ 紅麹(べにこうじ)小さじ

薬膳料理レシピ:梨と大根の和え物

喉が乾燥してイガイガして、何となく熱っぽて咳が出る時は消炎作用のある大根と熱を冷ます梨の組み合わせがお勧めです。 梨 大根 リンゴ酢 クコの実 梨は食べやすい大きさのいちょう切りにする。 大根はすりおろし、軽く絞る。 ク

薬膳料理レシピ:仙草ゼリー

仙草はシソ科の1年草で中国南部の福建省、広東省、台湾では新竹県関西鎮が名高い産地として知られています。 甘味で涼性の性質を持ち、乾燥した地上部の葉や茎を水、少しの重曹を加えて煮つめ、濾して冷やすと、溶けだした澱粉やペクチ

薬膳料理レシピ:かにの生姜酢

蟹は肝の働きを助けて血行をよくする食材ですが、体を冷やす食材です。 酢や生姜と合わせて寒の食性を和らげましょう。 かに 生姜 酢 砂糖 茹でたカニ身を生姜酢で和える。 蟹:鹹/寒 肝・腎「清熱散血」

薬膳料理レシピ:とろろオクラと夏野菜のねばねば丼

乾燥してパリパリしたお肌に潤いをもたらす1品です。 サッパリしたお味と消化を助け滋養をつける山芋で夏バテ予防にも効果的。 ご飯 オクラ 山芋 キュウリ トマト 大葉 カツオ醤油 トマト・キュウリ・オクラは食べやすい大きさ
1 / 212

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。