1時間以内

記事一覧

薬膳料理レシピ:紅花入り鯖のトマトスープ

鯖、紅花(べにばな)を合わせて血液の流れをよくする一品です。 鯖 4切れ 塩 小1 胡椒 少々 白ワイン 大4 玉ねぎ 1個 ニンニク 2カケ 青梗菜 2株 トマト水煮缶 1缶 カレー粉 大1 スープ 600cc ローリ

薬膳料理レシピ:はと麦・菊花餡かけ粥

柚子は香りを活かすため、最後に加えて下さいね。 米 1合 水 はと麦 餡 菜の花 芽キャベツ 茹で菊花(きっか) 出汁 クコの実 柚子皮 砂糖 醤油 オイスターソース 塩 各少々 米はミキサーで少し砕いておく。はと麦は水

薬膳料理レシピ:豚足と大根煮

お肌の乾燥が気になったら、チャレンジして下さいね。 茹で豚足 4本 大根 8cm 合わせ調味料:出汁 400cc 酒 150cc 紹興酒 50cc 砂糖 大3 黒砂糖 大1 醤油 大3 スライス生姜 2カケ 黒酢 大1

薬膳料理レシピ:玄米ドリア・ヘルシーホワイトソース

豆腐、長芋、チーズなど体に潤いを与える食材を組み合わせ、しっとりした肌作りに役立つ一品です。 ヘルシーホワイトソースが残ったら、茹で野菜にかけて野菜グラタンでも美味しく召し上がれます。 ヘルシーホワイトソース 絹豆腐 1

薬膳料理レシピ:棗、枸杞子、玄米粉のシフォンケーキ

血液増加に役立つ棗(なつめ)や枸杞子(くこし)、血流をよくする紅麹を玄米粉の生地に混ぜ込み、貧血予防に役立てるケーキです。 20cmシフォン型 1台分 玄米粉 140g 紅麹 小2 ベーキングパウダー 小1 卵黄 4個分

薬膳料理レシピ:羊肉と茸のスープ

羊肉は薄切肉を使い、生姜汁と酒を揉みこんでおくと臭みが抜けます。 体を温める羊肉のスープは冬のスープのイメージがありますが、夏でもクーラーで体が強く冷えた時にも作って下さいね。 羊肉 120g 好みの茸 適量 生姜 1カ

薬膳料理レシピ:紅麹、春菊と木耳の巻きずし

紅麹(べにこうじ)は紅麹金菌を発酵させた赤色の麹菌の一種です、 中国の薬草の古い書物の「本草網目」にも消化を助け、血液の巡りを良くし、内臓を強くする効能が記されています。紅麹菌(べにこうじきん)を発酵させた赤色麹菌の一種

薬膳料理レシピ:紅花入りキノコの炊き込みご飯

温めて血行促進する時は、おだしも体を温める鰹(かつお)だしか炒り子だしが効果的。体に滞った血を流し、生理痛や産後の悪露、打撲、肩こり、関節痛にも有効です。ただし、妊娠中、月経過多の人は禁忌です。 【4人分】 米2合 紅花

薬膳料理レシピ:海老と胡桃のチリソース

海老、胡桃、生姜、葱は体を温める食材です。食材の力で体の中から冷えを追い出しましょう。 胡桃の実の形は脳の形と似たことから健脳作用があると言われています。 海老 胡桃 ねぎ 生姜 ケチャップ 豆板醤 塩 砂糖 酒 コショ

薬膳料理レシピ:潤い参鶏湯(サムゲタン)

コラーゲンが豊富な鶏手羽肉と白木耳(しろきくらげ)、お肌をしっとりさせる松の実を合わせてお肌の潤い効果を高めます。 棗(なつめ)は別名「脾の果実」と呼ばれ胃腸を強めます。 また柔らかく炊き上げる調理法も胃腸の弱い方には嬉
1 / 212

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。