気虚

気虚(ききょ)とは、気が全体的に不足している状態です。(エネルギー不足)
気を補うものは、餅米、椎茸、蓮の実、松の実や、さつま芋、山芋、南瓜、豆類など自然な甘味が感じられるホクホクした食感のものがお勧めです。苦味、激辛味は控えめにしましょう。

>>「気虚」体質について詳しく知る 体質チェック

記事一覧

薬膳料理レシピ:玄米ドリア・ヘルシーホワイトソース

豆腐、長芋、チーズなど体に潤いを与える食材を組み合わせ、しっとりした肌作りに役立つ一品です。 ヘルシーホワイトソースが残ったら、茹で野菜にかけて野菜グラタンでも美味しく召し上がれます。 ヘルシーホワイトソース 絹豆腐 1

薬膳料理レシピ:鮪アボカド丼

血液増加に働く鮪(マグロ)と気を補い消化吸収力を高めるアボカドを合わせ、疲労回復に役立つ一品です。 玄米ご飯 丼2杯分 ライムスライス 2枚 プチトマト 2個 鮪(マグロ) 200g アボガド 1個 温泉卵 2個 青野菜

薬膳料理レシピ:玄米とろろかけご飯

山芋(やまいも)、めかぶ、白木耳(しろきくらげ)など体の水分を補う食材を合わせ、火照りや口の渇き、体の乾燥を予防する一品です 玄米ご飯 茶碗2杯分 長芋 5cm オクラ 2本 めかぶ 1/2パック 白木耳(しろきくらげ)

薬膳料理レシピ:玄米粉のガレット・茸の盛りこみ

通便効果のある玄米粉や茸を合わせ、秋の便秘対策に役立つ一品です。 (2枚分) ガレット 玄米粉 50g 卵 1/2個 豆乳 100cc 塩 少々 米油 具財 マッシュルーム 2個 椎茸(しいたけ) 2個 しめじ 1/4パ

薬膳料理レシピ:棗、枸杞子、玄米粉のシフォンケーキ

血液増加に役立つ棗(なつめ)や枸杞子(くこし)、血流をよくする紅麹を玄米粉の生地に混ぜ込み、貧血予防に役立てるケーキです。 20cmシフォン型 1台分 玄米粉 140g 紅麹 小2 ベーキングパウダー 小1 卵黄 4個分

薬膳料理レシピ:羊肉と茸のスープ

羊肉は薄切肉を使い、生姜汁と酒を揉みこんでおくと臭みが抜けます。 体を温める羊肉のスープは冬のスープのイメージがありますが、夏でもクーラーで体が強く冷えた時にも作って下さいね。 羊肉 120g 好みの茸 適量 生姜 1カ

薬膳料理レシピ:ムール貝と干し海老、キヌアの炊き込みご飯

ムール貝、海老ともに腎に作用し、体を温める食材です。 同じような効能を持つ食材を一緒に使い、効果を上げる組み合わせの配伍を「相須」と言います。 米 2合 ムール貝 10個 干し海老 大3 キヌア 大1 薄あげ 1/2枚

薬膳料理レシピ:はと麦の炊き込みご飯

出汁には、はと麦の茹で汁に昆布を入れて作ったはと麦昆布出汁を使って下さいね。 米 2合 はと麦(乾燥) 30g 人参 40g 椎茸 40g 薄あげ 1/2枚 昆布だし 2カップ 酒 大さじ1 醤油 大さじ1 きぬさや 少

薬膳料理レシピ:さつま芋の炊き込みご飯

胃腸が弱く、便秘気味なかたにお勧めのご飯です。 米 さつま芋 出汁 薄あげ 酒 醤油 塩 味醂 さつま芋は食べやすい大きさに切る。薄あげはみじん切りにする。 洗った米に材料の全てを入れて普通に炊く。 さつま芋の効能

薬膳料理レシピ:クコの実と法蓮草・南瓜のスープ

クコの実、ほうれん草は血液増加に役立つ食材です。日頃から胃腸が弱くて貧血気味の方は胃腸を強める食材と合わせながら温かな調理法で頂くことがお勧めです。 クコの実 ほうれん草 南瓜(かぼちゃ) だし 白味噌 酒粕 クコの実は

その他の体質

2 / 512345

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。