瘀血

瘀血(おけつ)とは血の流れが滞っている状態です。
血液の流れが悪いと肩コリや頭痛、生理痛、シミやソバカスなど様々な症状が現れてきます。
瘀血の対策には血の流れをよくする黒豆、紅麹、カカオ、茄子、蓮根、ニラ、桃、紅花、青魚、酢、
発酵食品などがお勧めです。
血液は温かい環境で流れます。冷え症対策もちゃんとしておきましょう。

>>「瘀血」体質について詳しく知る 体質チェック

記事一覧

薬膳料理レシピ:鰤のムニエル・ブルーベリーソース

気力や血液を補う鰤(ブリ)に血液増加作用のあるブルーベリーをソースに使い、相乗効果から貧血予防に役立つ一品です。 (2人分) 鰤(ブリ)の切り身 2枚 塩・こしょう 玄米粉 ブルーベリーソース 赤ワイン 50cc ブルー

薬膳料理レシピ:紅花海老チャーハン

紅花(べにばな)の活血作用は強く妊娠中、月経過多の人は禁忌です。 紅花(べにばな)を加えなくても、海老、韮、生姜、ニンニクなどの体を温める食材の相乗効果で冷え症改善に役立つ一品です。 ご飯 茶碗3杯 海老 8尾 韮 1/

薬膳料理レシピ:紅麹と桜葉・青大豆ご飯

紅麹は血液の流れを良くする食材です。春の始めはまず、血液の流れを良くする事から始めましょう。 紅麹(べにこうじ) 米 桜葉 青大豆 紅麹(べにこうじ)は水で溶く。青大豆ははじける位に炒る。桜葉塩漬けはサッと塩を洗い、刻む

薬膳料理レシピ:菜の花の金柑サラダ

三寒四温の季節には菜の花が出回ります。菜の花も金柑も体を温める食材。油を少し合わせることで、菜の花のカロテンの吸収がアップします。金柑のビタミンCもプラスして美肌効果が期待できる一品です。 菜の花1袋 金柑6個 クコの実

薬膳料理レシピ:紅麹、春菊と木耳の巻きずし

紅麹(べにこうじ)は紅麹金菌を発酵させた赤色の麹菌の一種です、 中国の薬草の古い書物の「本草網目」にも消化を助け、血液の巡りを良くし、内臓を強くする効能が記されています。紅麹菌(べにこうじきん)を発酵させた赤色麹菌の一種

薬膳料理レシピ:紅花入りキノコの炊き込みご飯

温めて血行促進する時は、おだしも体を温める鰹(かつお)だしか炒り子だしが効果的。体に滞った血を流し、生理痛や産後の悪露、打撲、肩こり、関節痛にも有効です。ただし、妊娠中、月経過多の人は禁忌です。 【4人分】 米2合 紅花

薬膳料理レシピ:漢方タレ漬け卵

漢方タレの材料は体を温める材料を沢山組み合わせています。ゆで卵を漬けるだけではなく、色々なお料理に使えます。日頃から冷えが気になる方は冷奴にかけたり、サラダのドレッシングや煮魚の煮汁に加えたりして、上手く利用して下さい。

薬膳料理レシピ:蒸し鱈の黒酢ピリ辛ソース

ピリ辛ソースに黒酢を加えることでより体を温めて血行をよくする効果がアップします。 鱈(たら) 塩・コショウ・上新粉 ねぎ 黒ごま 鷹の爪 醤油 黒酢 オイスターソース 鱈(たら)は塩、胡椒をして上新粉をまぶし5分ほど蒸し

薬膳料理レシピ:海老と胡桃のチリソース

海老、胡桃、生姜、葱は体を温める食材です。食材の力で体の中から冷えを追い出しましょう。 胡桃の実の形は脳の形と似たことから健脳作用があると言われています。 海老 胡桃 ねぎ 生姜 ケチャップ 豆板醤 塩 砂糖 酒 コショ

薬膳料理レシピ:鴨ロースト赤ワインチェリーソース

血液を補う鴨肉にチェリー、赤ワイン、グローブ、シナモンなどの体を温める食材を組み合わせ、血液不足からの冷えがある方にお勧めです。 この赤ワインチェリーソースのバルサミコ酢、醤油を抜けば、ヨーグルトやアイスクリームのソース

その他の体質

1 / 3123

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。