陰虚

陰虚(いんきょ)とは体内の陰液が不足して体を潤す事が出来ずに陽が旺盛になり、
体の内部から熱症状が現れる状態です。
まず白木耳、豆腐、トマト、蠣、イカ、山芋などの体の中を潤す食材がお勧めです。
熱性、辛味の強いものは控えましょう。

>>「陰虚」体質について詳しく知る 体質チェック

記事一覧

薬膳料理レシピ:蓮根紫蘇焼売

蓮根(れんこん)は生の状態だと体の熱を冷まし口やのどの渇きを潤して咳を鎮めます。 加熱すると胃腸を強めて下痢を抑え、また美肌作りに役立ちます。 蓮根(れんこん) 200g 豚ミンチ 120g 玉ねぎ 60g 紫蘇 5枚

薬膳料理レシピ:無花果と柿の白和え

豆腐と果物は食べる直前にあえる。 無花果(いちじく) 2個 柿 1/2個 木綿豆腐 1/2丁 マスカルポーネチーズ 大2  塩 少々 豆腐はキッチンペーパーに包んで絞り、水切りをする。 無花果(いちじく)、柿は

薬膳料理レシピ:玄米ドリア・ヘルシーホワイトソース

豆腐、長芋、チーズなど体に潤いを与える食材を組み合わせ、しっとりした肌作りに役立つ一品です。 ヘルシーホワイトソースが残ったら、茹で野菜にかけて野菜グラタンでも美味しく召し上がれます。 ヘルシーホワイトソース 絹豆腐 1

薬膳料理レシピ:玄米とろろかけご飯

山芋(やまいも)、めかぶ、白木耳(しろきくらげ)など体の水分を補う食材を合わせ、火照りや口の渇き、体の乾燥を予防する一品です 玄米ご飯 茶碗2杯分 長芋 5cm オクラ 2本 めかぶ 1/2パック 白木耳(しろきくらげ)

薬膳料理レシピ:白木耳とグレープフルーツ、苺のゼリー

肌や腸に潤いを与える白木耳(しろきくらげ)とビタミンCが豊富なグレープフルーツを組み合わせ、紫外線がきつく、乾燥した季節の美肌作りに役立つスイーツです。 白木耳(しろきくらげ) イチゴ アガー 砂糖 蜂蜜レモンシロップ

薬膳料理レシピ:鯛とキノコの蕪蒸し

蕪(かぶ)は消化不良の改善にもってこいの食材です。胃腸が弱く疲れやすい方には、胃腸に優しい白身魚と合わせて温かな調理法で頂くことがお勧めです。 鯛(たい) 蕪(かぶ) 蕪(かぶ)の葉 卵白 だし 醤油 塩 水溶き葛粉 柚

薬膳料理レシピ:紅麹、春菊と木耳の巻きずし

紅麹(べにこうじ)は紅麹金菌を発酵させた赤色の麹菌の一種です、 中国の薬草の古い書物の「本草網目」にも消化を助け、血液の巡りを良くし、内臓を強くする効能が記されています。紅麹菌(べにこうじきん)を発酵させた赤色麹菌の一種

薬膳料理レシピ:蕪のすり流し汁

胃腸の弱りで消化不良をおこしている時は、ポタージュスープのようなお腹に優しい調理法がお勧めです。 蕪300g 蕪の葉少々 だし400㏄ うすくち醤油少々 塩少々 白玉粉50g 紅麹(べにこうじ)小さじ1/4 豆乳40㏄

薬膳料理レシピ:山芋寄せ豆腐

滋陰作用のある山芋と皮膚の乾燥を予防する松の実を合わせ、滑らかな肌質作りを目指します。 大和芋(やまといも) だし 醤油 酒 粉寒天 松の実 クコの実 大和芋(やまといも)を蒸して裏ごしする。 ①を出汁でのばして火にかけ

薬膳料理レシピ:牡蠣の餡かけ粥

牡蠣の殻は、生薬の牡蠣(ぼれい)としてイライラをおさえ、精神を安定する働きがあります。 米 牡蠣(かき) お好みのきのこ 葛(くず) 生姜(しょうが) オイスターソース だし 酒 醤油 砂糖 粥を炊く。 あんを作る:だし

その他の体質

1 / 41234

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。