えだまめの豆知識

えだまめ
えだまめ
ビールのおあてに枝豆養生
7~9月
選び方 さやが色濃く鮮やかで、うぶ毛がついているもの。
枝付きの場合は、さやが密生し、葉や茎が色鮮やかなもの。
下処理 はさみでさやの端をカットします。
多めの塩でよくもみ、うぶ毛を落としてしばらくおきます。
沸騰した湯に塩を入れ、塩もみした枝豆をそのまま入れます。
3分~4分、好みの硬さになるまで茹でる。(茹ですぎるとうまみが流れ出てしまうので注意する。)
ざるにあげ、うちわなどであおいで冷ます。
塩が足りないようであれば、塩をふる。
保存術 枝豆は鮮度が落ちやすく、甘味がどんどん減ってしまいます。
買ってきたら野菜室に入れて、その日のうちに茹でて保存しましょう。
使い切れない場合は、硬めに茹でてさやごと又は豆を取り出して冷凍します。
自然解凍後、さっと湯に通してそのままお召し上がりいただけます。
豆のみ冷凍した場合は自然解凍後、そのままお料理にお使いいただけます。
代表的なレシピ ずんだ和え、卵とじ、枝豆ご飯

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。