【セミナーレポート】中医学的・夢診断

黄帝内経は中国伝説上の帝王と、臣下であり、師である岐伯との問答形式で書かれている中国最古の医学書!
その中の霊枢・第43編「陰邪発夢」には夢によって、病気や気の状態がどうなっているのか?が書かれています。
何故?こんな夢を見るの? 夢によってあなたの体と心を解きあかす・・・・「はてさて、あなたの昨日の夢は?」

黄帝内経は中国伝説上の帝王と、臣下であり、師である岐伯との問答形式で書かれている中国最古の医学書!
その中の霊枢・第43編「陰邪発夢」には夢によって、病気や気の状態がどうなっているのか?が書かれています。
何故?こんな夢を見るの?夢によってあなたの体と心を解きあかす・・・・「はてさて、あなたの昨日の夢は?」
第一部では岡本清孝先生の楽しい夢診断のお話♪
第二部では薬膳スピリットを盛り込んだお料理、薬膳酒、薬膳茶を楽しみました。

第一部 『黄帝内経☆夢・・・』

【第一部講師:岡本 清孝】
NPO法人全日本薬膳食医情報協会理事長
東京薬膳学院学院長、國際中医師
国際中医薬膳師、国立北京中医薬大学日本校講師

空を飛ぶ夢を見たときは?旅行する夢を見たときは?など
いくつかの夢の事例を診断。
見る夢によって体や心の状態がどうなっているのかを
わかりやすく楽しく説明していただきました。

講義風景

メモ

第ニ部 『薬膳酒の効能と作り方』

【第ニ部ガイド:黒川 眞妃子】
関西薬膳びと代表、食育ピーマンクラブ主宰
国際中医薬膳管理師、国際薬膳調理師
国際代替医療学院講師

薬膳酒の効能と簡単な作り方をお話させていただきました。

黒川 眞妃子先生

薬膳酒いろいろ

第三部 『薬膳びと集まれ!交流会』

二部でお話した薬膳酒をいただきながらの交流会。
ロバの皮を煮詰めて作ったコラーゲンたっぷりの阿膠(あきょう)のシロップのように珍しいものから定番のものまで、
いろいろお試しいただけたかと思います。

薬膳酒01
大棗蓮子(たいそうれんし)酒:
  身体を温め精神を安定させます。

薬膳酒02
党参(とうじん)酒:
  穏やかな作用で気血を補います。

お料理
山楂子(さんざし)酒:
  消化作用を助け食欲不振などに効果的。


  • 山楂子(さんざし)酒:
       消化作用を助け、食欲不振などに。活血作用も。
  • 党参(とうじん)酒:
       穏やかな作用で気血を補い、脾胃虚弱の食欲不振にも。
  • 十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)酒
       滋養強壮・病後の回復サポートに。
       身体を温めて気血を補います。
  • 大棗蓮子(たいそうれんし)酒:
       身体を温め気血を補い、精神を安定させます。不眠気味の方にも。
  • 花梨(かりん)種子酒:
       乾いた季節の鼻や喉を潤し、咳を止めます。
  • 紫蘇(しそ)梅酒:
       おなかを温め消化促進。食前酒に。
  • 花梨(かりん)シロップ
       乾いた季節の鼻や喉を潤し、咳を止めます。
  • 阿膠(あきょう)シロップ:
       寒い季節の美肌に。
  • 当帰(とうき)なつめ茶:
       身体の冷えやお肌の乾燥に。
  • 五味子(ごみし)黒糖茶:
       体を温め生津(せいしん:身体の水分を補給すること)作用で
       秋冬の乾燥に。活血作用もあります。

お料理は薬膳スピリットを盛り込んだイタリアンビュッフェ。皆さんと楽しい時間を過ごすことが出来ました。

薬膳酒を作ってます。
薬膳酒をいただきました。

お料理
おいしいお料理も…♪

先生、ありがとうございました。
先生、ありがとうございました。

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。