中医学的体質について

私たちの身体は、「気」、「血」、「水」が絶えず全身を巡り各臓腑の機能を維持し、活性化させています。
この、気、血、水がバランスよく身体を巡っている状態が健康であり、不足していたり、巡っていない(滞っている)状態を6つにわけて表します。 また、体質は1つだけとは限りません。当てはまる項目が多い場合は、それぞれの体質の対処法を参考に取り入れましょう。

【気について】
「気」とは、人が生きていくために必要な活動を支えるエネルギーのことです。
元気、やる気、気を失う、気が抜ける、気が強い、雰囲気・・・など
日本語には沢山「気」を使った単語があります。
どれも目でみることはできませんが、「気」についてのイメージや概念は、何となく持って頂けると思います。

人がもつ根本的なエネルギーである「気」は、絶えず体を一定のペースで巡り、体を温めて血液、リンパ(液)をスムーズに流し、内臓の正常な活動を維持させています。
【血とは】
「血(けつ)」とは、血液のことを指します。(厳密に言うと、血≒血液です)
脈の中を運行して内臓や各組織に必要な栄養分を与える物質です。

「血」は全身を絶えまなく流れていますが、自分だけでは運行できない性質のため「気」の力を借りることで初めて循環できるようになります。

「血」と「気」は密接な関係を保ちながら、人間の生命活動を支えていますので、「気」が不足したり(気虚)、滞ったり(気滞)、その巡りが悪くなれば自ずと「血」の巡りも悪くなります。

また「血」は生理活動だけでなく、精神活動にも大きく影響しているとされ「血」が脈(管)の中をスムーズに流れることができれば精神が安定すると考えられています。
【水(津液)とは】
水(津液)とは唾液、涙、汗、関節の滑液、髄液など、体内の水分のことを指します。
体全体を潤し、体内を循環して体温調節や関節の働きをなめらかにします。

「津(しん)」「液(液)」にはその性状、機能、分布部位の違いによって区別があります。

「津」→性質が希薄で粘り気がなく、主に広範囲に分布し体表を(皮膚、筋肉など)潤します。
「液」→性質が比較的濃厚で粘り気があり、骨、内臓、脳、髄などを潤し関節運動を円滑にします。

「津液(しんえき)」は血管内では血液ですが、血管から出て細胞間に入るとリンパ液になり、細胞内に入ると細胞内液となります。
水の巡りが悪くなったり、体内の水を処理できなくなったりすると、細胞間や各組織に必要以上の水がたまり、むくみやめまいアレルギーなどさまざまな不調を引き起こします。

また「津液」は「血」と同じく自ら流れることができないため「気」のエネルギーを利用するのですが、こちらも気に不調があれば、津液(水)の巡りも悪くなります。

【気】
人が生きていくために必要な活動を支えるエネルギーのこと

気虚気滞

【血】
脈の中を運行して内臓や各組織に必要な栄養分を与えるもの

血虚お血

【水(津液)】
体内の水分のこと体内を循環して
体温調節や関節の働きをなめらかにするもの

陰虚痰湿

【気】

不足 滞る
体質 気虚気虚
詳しくは「気虚」のページへ
気滞気滞
詳しくは「気滞」のページへ
特徴 気力がわかない ストレスを感じやすい
症状
  • だるい
  • 疲れやすい
  • 汗をかきやすい
  • 動くと症状が悪化する
  • お腹が張る
  • ガス、げっぷ、ため息がでる
  • 喉が詰まった感じがする
  • 便秘と下痢を繰り返す
食べたらよいもの ホクホクして、自然な甘みのもの サッパリとした香りのもの
生活アドバイス 冷たいものや激辛ものは極力控え、胃腸を守ってあげましょう。 深呼吸をこころがけ、ヨガなどの呼吸を入れ替える運動でリフレッシュしましょう。

【血】

不足 滞る
中医学的体質でいうと・・ 血虚血虚
詳しくは「血虚」のページへ
お血お血
詳しくは「お血」のページへ
特徴 顔色が青白く艶がない 唇の色が暗い
症状
  • 不安症
  • もの忘れしやすい
  • 髪の毛がパサつく
  • 貧血ぎみ
  • 顔色がくすみ、シミ、そばかすが多い
  • 生理痛がひどい
  • 慢性的な肩こり・頭痛がある
  • アザができやすい
食べたらよいもの 実や種などの赤くて甘ずっぱいものでしっとりしているもの 赤、紫色のもの、バラ科の花
生活アドバイス 過激なダイエットは控え、少しでも3食きちんと食べましょう。 肩回しや関節の曲げ伸ばしなどの体操をこころがけましょう。

【水】

不足 滞る
中医学的体質でいうと・・ 陰虚陰虚
詳しくは「陰虚」のページへ
痰湿痰湿
詳しくは「痰湿」のページへ
特徴 体の中や外が乾燥している 血中コレステロール、中性脂肪、体脂肪率が高め
症状
  • 肌がカサカサする
  • 便秘またはコロコロ便が出る
  • 口や喉が渇いて、冷たいものを欲しがる
  • 手足のほてりや夕方に微熱が出る
  • 肥満気味
  • 肌が脂っぽく、吹き出物ができやすい
  • 痰や唾がよく出る
  • 体がだるく浮腫みやすい
食べたらよいもの 水分が豊富な野菜や果物、トロトロしたもの 昆布や海藻、はと麦などの淡味のもの
生活アドバイス 激辛のもの、強いお酒は控え、水分補給をこころがけましょう。 甘いもの、脂ものは控え、適度な運動をこころがけましょう。

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。