血虚(けっきょ)体質

【血虚】
血が不足している状態です。
特に女性は毎月の生理で一定量の血を失い、妊娠・出産、授乳でも大量の血を消耗しますので、男性よりも血不足状態になります。
現代女性のほとんどに【血虚(けっきょ)】の状態がみられるといっても過言ではありません。

<症状>
・顔色が青白く艶がない
・貧血(ふらつき、立ちくらみ)
・髪がパサついて抜けやすい
・爪が割れやすい
・こむら返りをよくおこす
・月経が遅れたり、その血が薄く量が少ない
・眠りが浅く、夢をよくみる
・精神が不安定 etc
<原因>
・胃腸の消化吸収機能が弱い
・ダイエット、朝食抜き、偏食による材料不足
・大量の出血、月経
・血の流れが悪い etc

「血」と女性の体は切り離せない関係にあります。
血に問題があると、お肌のトラブルや生理不順や不妊症などの婦人科系トラブルが起こりやすくなり普段から意識して「血」を補うように気をつけることが大切です。

-サプリメントで「血」は増やすことができません。食生活が単調であったり、偏食傾向な方はまずは食事から改善していきましょう。「血」は睡眠中に生成されるので、睡眠時間の確保も重要です。
夜更かしするだけでも「血」は消耗されていきますので、遅くとも12時までには就寝するように心がけましょう。

血についてはこちらから

薬膳ワンポイント

血虚とは、一言で言うと「『血』の不足」です。

<食べ方>
血液不足からの健忘やふらつきはライフスタイルに支障をきたしかねません。血液のもとは食べ物ですので朝、昼、夜ときちんと食事をとりましょう。

<生活習慣の改善のアドバイス>
血液は睡眠時に作られるので充分な睡眠時間を確保しましょう。
脾は「気血生化の源」と言われます。胃腸の弱りにも気をつけ、無理なダイエットも禁物です。

<血虚を改善する食べ物>
ほうれん草、人参、金針菜、赤身肉、レバー、鶏肉などの血液増加の助けをしてくれるもの。
ひじき、黒木耳、黒米などの黒いもの。クコの実、棗、ベリー類などの赤くて甘酸っぱくベタベタしたもの。

定期的に体質診断してみましょう

診断シートでまず体質を知りましょう!

体質別薬膳ワンポイント

  • 気虚
  • 気帯
  • 血虚
  • 瘀血
  • 痰湿
  • 陰虚

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。