食材の五色

食材の五色
食材の色は五色「青・赤・黄・白・黒」に分類され、それぞれに違う働きがあるとされます。


働き 余分な熱を鎮め、のぼせ、気分の高まりやイライラを改善する。
食材 セロリ、芹、ミント、緑茶、ほうれん草、春菊、三つ葉、レタス、笹の葉など。
注意 胃が弱く冷えを感じているときは摂り過ぎないように

食材例:アスパラガス、菜の花

アスパラガス

菜の花

働き 血液を補い、貧血傾向の改善。
食材 クコの実、グランベリー、人参、棗、レバーマグロ、血合いの多い青み魚など。
注意 胃腸が張っているときは摂り過ぎないように
働き 血液の巡りをよくする
食材 赤ワイン、ブドウ、紅花、ココア、紅麹など
注意 妊娠中のときは摂りすぎないように

食材例:にんじん

にんじん

働き 消化機能を整え、下痢気味を改善、気力の衰えを改善する
食材 味噌、大豆、じゃが芋、パイナップル、黍、南瓜など
注意 過剰摂取しないなら特に無し

食材例:豌豆(えんどう)

えんどう

働き 呼吸気道と皮膚を潤す働きがある
食材 大根、カブ、百合根、白木耳、白ごまなど
注意 冷え性がきついときは生食は控えめに

食材例:たまねぎ

たまねぎ

働き 発育促進や老化防止、滋養強壮の働きがある
食材 黒ゴマ、黒豆、黒米、イカ墨、海老、蠣、スッポンなど
注意 老廃物が貯まっている、二日酔い、腫れたニキビがあるときは摂り過ぎないように

食材例:あさり

あさり

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。