はじめて薬膳ビューティライフレッスン

【第二回 食べても太りにくい体質になる!】忘年会 むくみ女子のビューティお鍋

冷えとり食材でからだぽかぽか。新陳代謝をアップして痩せ体質に。
薬膳ポイント
みーこ
忘年会シーズン。お酒を飲んだり外食してついつい飲みすぎ食べすぎになってしまいますよね。お酒を飲んだ翌朝は、身体や顔がむくんだ、なんて経験も多いのではないでしょうか。
むくみはそのままにしておくと太る原因になります。
体の水分代謝を促してくれるハトムギや利尿作用のある緑豆春雨のお鍋でむくみをとっておきましょうね。肝臓に良いとされるタウリンを豊富に含んだイカも一緒に食べて二日酔いも退治しちゃいましょう。

むくみ解消食材で、身体ポカポカお鍋。

むくみ女子のビューティお鍋

薬膳レシピ チェックポイント

むくみを解消するハトムギや緑豆春雨を使ったお鍋。新陳代謝を促すピリ辛ダレで食べることで身体もさらにポカポカです。
寒い冬に新陳代謝もアップさせて、太りにくい身体を作りましょう。

材料(3人分)

白菜
4枚
青梗菜(ちんげんさい)
2株
大根
10cm
人参
5cm
戻し若芽(もしくは昆布)
60g
高の爪
2本
アサリ
1パック
緑豆春雨
40g
はと麦
大さじ4
イカ
約100g(2杯)
A 卵白
1個
片栗粉
大さじ 2
塩こしょう
少々
<たれ>
ニンニク
1カケ
しょうが
10g
コチュジャン
大さじ4
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
砂糖
大さじ1
ごま油
少さじ1
白ねぎ
10cm

材料

作り方調理時間 45分

  1. 【下準備】はと麦は水でよく洗い、水で戻してさっと茹でておきます。
    緑豆春雨も、あらかじめさっと茹でておきます。

    作り方 下処理

  2. 1. 野菜を切って準備していきます。
    大根と人参は皮をむいていちょう切りにします。

    作り方 1

  3. 2. 青梗菜は、葉の部分と根元の部分に分けて切り、葉はざく切り、根元の部分は6~8等分にします。
    白菜は根元は食べやすい大きさで細めに切ります。

    作り方 2

  4. 3. アサリはよく洗った後、3%くらいの塩水につけて砂を抜いておきます。(300ccの水に塩10g程度)

    作り方 3

  5. 4. イカはまず、イカの耳を下にしてお腹を裂きます。

    作り方 4

  6. 5. 腹が裂けたら流水でさっと洗います。このときに軟骨もとっておきましょう。

    作り方 5

  7. 6. イカの下の部分を切り落とします。

    作り方 6

  8. 7. 6で切り落とした部分から、イカの皮をはいでいきます。
    このときにキッチンペーパーを使うと滑りにくく、むきやすくなりますよ。

    作り方 7

  9. 8. イカの皮がむけたら細かく切っていきます。

    作り方 8

  10. 9. 細かく切ったイカをフードプロセッサーでさらに細かくします。

    作り方 9

  11. 10. イカをフードプロセッサーから取り出し、Aをあわせてよく混ぜます。
    混ぜ合わさったら、お団子にして後ほどお鍋に入れます。

    作り方 10

    作り方 11

  12. 11. アサリ、はと麦、水を入れたお鍋で一煮立ちしたら、灰汁(アク)を丁寧に取り除きます。

    作り方 12

    作り方 13

  13. 12. 8で作ったイカ団子をスプーンで丸く形作り、お鍋に入れます。

    作り方 14

  14. 13. あらかじめ切っておいた具材を加えて煮ます。

    作り方 15

  15. 14. タレの作り方
    白ねぎはみじん切り、ニンニク、しょうがは、すりおろします。
    その他の材料をすべて混ぜて出来上がり。

    作り方 16

できあがり

完成

もちろん最後の〆におじやもオススメです。

完成

出来上がり
3 / 4«1234»

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。