薬膳料理レシピ:あさりと芹ご飯

こんな体質の方にオススメ

  • 気滞
→体質チェックはこちら

オススメポイント

  • 30分以内
  • お魚メイン
  • むくみ
肝機能を高めるあさりと体内の余分な熱を鎮める芹(せり)を合わせて春の異常な気分の高まりに有効です。
あさりと芹ご飯
2合
あさり
300g
芹(せり)
1本
少々
大さじ2
【A】
あさり蒸し汁+水
2カップ
  • 鍋によく洗ったあさりとヒタヒタの水を入れて中火にかけ、蓋をしてあさりの殻が開いたら身と汁に分ける。
  • 芹(せり)はサッと茹でて水に落とし軽くしぼって刻む。
  • 炊飯器に米、【A】、酒、塩少々を加えて普通に炊き、炊き上がったらあさりと芹(せり)を混ぜる。
あさり:甘鹹/寒 肝腎脾胃 効能熱のこもりを鎮めてイライラや緊張をほぐし咽の渇きを癒す。利尿効果があり浮腫みを解消する。

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。