はじめて薬膳お料理レポート

【第十三回 後編 ダイエット】 きっちりおだしでゆるゆるダイエット-おかず編-

きっちりおだしでゆるゆるダイエット-おだしの力で太りにくい体作り-

薬膳ポイント:
ヘルシー食として世界から注目される『太りにくく健康的』な日本食は素材ばかりではなく、その秘密は『だしの威力』にあります。

【後編 だしで作る主食と汁物】
昆布のグルタミン酸と鰹節のイノシン酸を合わせると、旨味成分が5倍になり味に深みが出ます。
グルタミン酸は脂肪を溜めにくくするのでダイエットにピッタリ!

【だしの効能】
■昆布
グルタミン酸:脂肪をためにくくする。
アルギン酸:食物繊維で腸内でのコレステロールの吸収を抑える。
アスパラギン酸:エネルギー代謝を活発にし、疲労回復や滋養強壮に有効
フコダイン:ヌルヌル成分で免疫強化
■かつお節
ヒスチジン:満腹中枢を刺激し、過食を防ぎ、交感神経を刺激し、脂肪の分解を促進
アンセリン:体内酵素を活性化し、筋肉の働きを維持し、疲労の蓄積を防ぐ。
ウロカニン酸:抗酸化作用で、肌を紫外線から予防する。肌の乾燥を防ぐ。

今回は前編・後編の二回に渡って一汁三菜をお送りします!
前編 だしで作るおかず(主菜・副菜)
・後編 だしで作る主食と汁物

かやくご飯

材料(4人前)

  • 生姜
  • ごぼう
  • 人参
  • 厚揚げ
  • しらたき
  • 二番だし 400cc
  • うすくち醤油 大さじ2+1/2
  • 米 3合
材料

かやくご飯 作り方 調理時間30分

※だしを取る時間は除く

  • 1.ごぼうは切れ目を入れて笹がき、人参は細切り、厚揚げはみじん切りにします。
    しらたきをさっとゆがいておきます。

ごぼうは切れ目を入れて笹がきにします。
人参は細切り、厚揚げはみじん切りにします。

  • 2.材料を切り、だし・調味料と合わせて煮ます。

材料を切り、だし・調味料と合わせて煮ます。

  • 3.火が通ったら、具材をザルにあげ、煮汁でご飯を炊きます。
    3合分を炊くのに足りない水分量はかつおだしで補います。

材料をザルにあげ、煮汁でご飯を炊きます。

  • 4.ご飯が炊きあがる3分ほど前に③の具材を入れて蒸らします。
    最後に生姜の千切りを混ぜて出来上がり。

ご飯が炊きあがる3分ほど前に③の具材を入れて蒸らします。

かぶと菊花のお吸い物

材料(4人前)

  • 一番だし 800cc
  • 小かぶ 3個
  • 菊花 2つ
  • 葛(くず) 大さじ1
  • 水 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • 酒 大さじ1
材料

かぶと菊花のお吸い物 作り方 調理時間15分

※だしを取る時間は除く

  • 1.小かぶを薄めの半月切りにして、沸騰しただしに入れます。

小かぶを薄めの半月切りにして、沸騰しただしに入れます。

  • 2.菊花を湯通しします。湯の中に入れたらすぐ取り出して水につけておきます。

菊花はすぐしなっとなっていまうので、湯通しは素早く行います。

菊花を湯通しします。湯の中に入れたらすぐ取り出して水につけておきます。

  • 3.醤油、塩、酒を入れ、水で溶いた葛(くず)でとろみをつけたら、②の菊花を入れて出来上がり。

醤油、塩、酒を入れ、水で溶いた葛(くず)でとろみをつけたら、②の菊花を入れて出来上がり。

出来上がり
9 / 24«7891011»

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。