陰虚

陰虚(いんきょ)とは体内の陰液が不足して体を潤す事が出来ずに陽が旺盛になり、
体の内部から熱症状が現れる状態です。
まず白木耳、豆腐、トマト、蠣、イカ、山芋などの体の中を潤す食材がお勧めです。
熱性、辛味の強いものは控えましょう。

>>「陰虚」体質について詳しく知る 体質チェック

記事一覧

薬膳料理レシピ:ほたての生姜ドレッシングサラダ

ほたてやサーモンは肝臓の働きを補うと言われています。免疫力を高め、老廃物を除く菜の花と一緒においしく食べられるのでおすすめです。 赤パプリカ 1/4 黄パプリカ 1/4 紫キャベツ 2枚 菜の花 10本 ほたて 8コ サ

薬膳料理レシピ:蕪とじゃがいものグリーンポタージュ

蕪は五臓を補うと言われており、葉の部分にも重要な栄養が集まっています。 同じくお腹の調子を整えるじゃがいもとポタージュスープにすることでお腹に優しく、また蕪の葉を使うことで、美肌や免疫強化などにも効果があるためおすすめで

薬膳料理レシピ:ホタテのカルパッチョ

お酢には疲労回復・食欲増進の効果があり、夏バテにはピッタリです! ホタテ パプリカ プチトマト ミント ライム酢 オリーブオイル 塩 小1/3 コショウ 少々 パプリカ、プチトマトをみじん切りにする。 ライム酢、オリーブ

薬膳料理レシピ:冬瓜とあさりのスープ

冬瓜は熱のこもりを除き、咽の渇きをいやし、水分代謝の調節に働く、夏の優秀食材です。 低カロリーで水分をたっぷり含み、夏の咽の渇きや暑気あたりの解消に役だちますが、何よりカリウムを多く含み、優れた利尿作用を持つので、湿気の

薬膳料理レシピ:冬瓜の煮物

冬瓜は熱のこもりを除き、咽の渇きをいやし、水分代謝の調節に働く、夏の優秀食材です。 低カロリーで水分をたっぷり含み、夏の咽の渇きや暑気あたりの解消に役だちますが、何よりカリウムを多く含み、優れた利尿作用を持つので、湿気の

薬膳料理レシピ:銀あん茶碗蒸し

秋の乾燥対策にピッタリ茶碗蒸しです。 百合根、あんで秋の乾燥対策に。 A 人参 6枚 さつまいも 少々 しめじ 1/4パック 百合根 1/2 さやえんどう 少々 うずら卵 4個 海老 4尾 里芋 2個 片栗粉 大さじ1

薬膳料理レシピ:冷や汁

冷や汁は身体の熱を下げ、野菜をたくさん食べることが出来るので、栄養不足にぴったりです。 冷や汁に入っている金針菜は鉄分が多く補血の役割を果たします。 A 味噌大2 ゴマ大2 塩麹大1 鰹節3g 生姜10g 生姜 1斤 茗

薬膳料理レシピ:トマトでさっぱり和えそうめん

消化を助ける働きがある山芋も入って夏バテ予防 山芋は口当たりもさっぱりしているので食欲がなくても食べやすい食材です。 そうめん 150~200g オクラ 4本 トマト 3個 パプリカ 1/2 山芋 5㎝程度 オリーブオイ

薬膳料理レシピ:豆腐鍋

身体を温める素材を組み合わせた『たれ』で冷えを改善! 豆腐鍋ベース だし 800g 木綿豆腐 1丁 重曹(タンサン) 小1 豆乳 200ml 生湯葉 水菜 人参 鶏肉 白木耳 海老のつみれ 海老(むきエビ) 150g 鶏

薬膳料理レシピ:中華粥と皮付き豚バラの八角煮

お腹に優しく栄養満点! 気力食欲ともにダウン・・・。そんな時こそ胃腸に優しい粥養生がお勧めです。 お粥のトッピングは体調別にセレクトしましょう。 夏バテ気味ならサッと茹でた苦瓜とツナの和え物。らっきょうの赤ワイン酢。むく

その他の体質

1 / 512345

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。