美肌

肌は体の中を映し出す鏡です。

私達の肌は独立した組織として存在しているわけではなく、血脈や経絡などのネットワークを通して体の中の状態を映し出しています。顔色が冴えないなら血液不足かもしれません。
ライチ、ぶどう、ほうれん草、竜眼、赤身魚などがいいでしょう。カサついたお肌には体を潤す白木耳、松の実、梨、アスパラなどがお勧めです。赤いニキビが出来たのなら、はと麦や緑豆で肌熱を冷ましましょう。
またストレスを溜めないことも美肌を保つポイントの1つです。

記事一覧

薬膳料理レシピ:鯛蒸し

梅雨の時期は、体調を壊して風邪などをひきがちですので、白ねぎを使って消化を促進し、体調を整えましょう。 鯛の切り身 4切れ 白ねぎ 2本 塩・胡椒 少々 片栗粉 少々 水 150cc 酒 大さじ3 餡 だし 200cc

薬膳料理レシピ:はと麦炊き込みごはん

蒸し暑い梅雨の時期は、身体に熱がこもりむくみがちになります。 冬瓜・はと麦など利尿作用のある食べ物で、体の中の水の流れを促してむくみを解消しましょう。 米 2合 乾燥はと麦 30g 人参 40g 椎茸 40g 薄あげ 1

薬膳料理レシピ:ほたての生姜ドレッシングサラダ

ほたてやサーモンは肝臓の働きを補うと言われています。免疫力を高め、老廃物を除く菜の花と一緒においしく食べられるのでおすすめです。 赤パプリカ 1/4 黄パプリカ 1/4 紫キャベツ 2枚 菜の花 10本 ほたて 8コ サ

薬膳料理レシピ:蕪とじゃがいものグリーンポタージュ

蕪は五臓を補うと言われており、葉の部分にも重要な栄養が集まっています。 同じくお腹の調子を整えるじゃがいもとポタージュスープにすることでお腹に優しく、また蕪の葉を使うことで、美肌や免疫強化などにも効果があるためおすすめで

薬膳料理レシピ:南瓜(かぼちゃ)のリゾット

南瓜(かぼちゃ)はお腹を温め、胃腸の働きを助けるため、慢性疲労や糖尿病にも効果的! 固めに炊いたごはん 150g 南瓜(かぼちゃ) 200~250g ローリエ 1~2枚 レーズン 大さじ1 オリーブオイル 大さじ2 水

薬膳料理レシピ:カチャトーラ

胃腸の働きを助け、状態を整えてくれます。 手羽元 6本 玉ねぎ 1/2個 ニンニク 1/2斤 ワインビネガー 40cc 白ワイン 80cc 水 100cc キノコ 適量 ホールトマト 1缶 ブラックオリーブ 適量 蓮の実

薬膳料理レシピ:サーモンフライ・ハムとコーンのスープ

子供に合ったバランスの良い食事を作ってあげて「頭が良くなる」と言われる食品を上手にチョイスして取り入れる事が大切です。 パセリには神経細胞の成長を助ける葉酸が豊富! DHAや葉酸は脳の回転や成長を助けますので、育ち盛りの

薬膳料理レシピ:ホタテの炊き込みおにぎり・カボチャのアーモンド揚げ・あおさの味噌汁

子供に合ったバランスの良い食事を作ってあげて「頭が良くなる」と言われる食品を上手にチョイスして取り入れる事が大切です。 脳内欠陥の環境を良くするビタミンE・C・セレンが効率良く摂取できるメニューです。 ホタテの炊き込みお

薬膳料理レシピ:まぐろ軍艦・ブロッコリーとポテトの明太マヨネーズあえ・オクラとなめこの味噌汁

子供に合ったバランスの良い食事を作ってあげて「頭が良くなる」と言われる食品を上手にチョイスして取り入れる事が大切です。 神経細胞を発達させるDHAを摂取できるメニューです。 DHAや葉酸は脳の回転や成長を助けますので、育

薬膳料理レシピ:鯵の梅蒸し

お酢には疲労回復・食欲増進の効果があり、夏バテにはピッタリです! こちらは薬膳フルーツ酢を使ったレシピです。 夏バテ知らずの鯵の梅蒸し 鯵(あじ) 2枚(1尾) 白ねぎ 1本 青じそ梅酢の梅 青じそ梅酢 塩 少々 酒 少
1 / 812345...最後 »

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。