薬膳料理レシピ:豆腐鍋

こんな体質の方にオススメ

  • 陰虚
→体質チェックはこちら

オススメポイント

  • 30分以内
  • お野菜メイン
  • 冷え性
身体を温める素材を組み合わせた『たれ』で冷えを改善!
  • 豆腐鍋 完成
  • 豆腐鍋 材料

豆腐鍋ベース

だし
800g
木綿豆腐
1丁
重曹(タンサン)
小1
豆乳
200ml
生湯葉
水菜
人参
鶏肉
白木耳

海老のつみれ

海老(むきエビ)
150g
鶏肉
50g
胡桃
20g
片栗粉
大1
少々
コショウ
少々

白ゴマだれ

松の実
大1
ねり白ゴマ
大1
水orだし
大1~3(お好みのねり具合まで)
醤油
小1/2
柚子コショウ
小1/3

黒ゴマだれ

胡桃
10g
ねり黒ゴマ
大1
水orだし
大1~3(お好みのねり具合まで)
醤油
小1/2
黒酢
大2

肉味噌だれ

豚肉のミンチ
100g
ニンニク
1片
生姜
5g
味噌
大2
水orだし
大2
砂糖
大1/2

梅紫蘇だれ

梅干し
3個
大葉
3枚
めんつゆ
大3

コチュジャンだれ

ニンニク
1片
生姜
5g
コチュジャン
小1
水もしくはだし
大2
醤油
小1/2
ゴマ油
小1
砂糖
小1

【豆腐鍋】

  • あらかじめ昆布でだしをとっておく。
  • 水菜は5cm程度に切り、人参、鶏肉はスライス状に切る。
  • 海老のつみれ】海老は包丁でたたき、多少食感が出るようにする。
  • 胡桃は細かく砕く。
  • ③に④と鶏肉、片栗粉を加え、練る。食べやすい大きさに丸める。
  • 鍋から昆布を取り出し、豆腐と重曹を入れる。沸騰したら⑤と、具材を入れる。豆腐がとろりとしてきたら、食べ頃です。

【白ゴマだれ】

  • 松の実をすり鉢ですり、ねり白ゴマを加え、水またはだしでお好みのねり具合になるまで伸ばす。
  • 醤油、柚子コショウを入れる。

黒ゴマだれ】

  • 胡桃、ねり黒ゴマを、水またはだしでお好みのねり具合になるまで伸ばす。
  • 醤油、豆板醤、黒酢を入れます。

【肉味噌だれ】

  • 熱したフライパンで豚肉のミンチを炒め、すりおろしたニンニク、生姜を加える。
  • だしで伸ばした味噌、砂糖を入れて少し炒める。

【梅紫蘇だれ】

  • 梅干しの種を除き、実をたたいてペースト状にする。
  • みじん切りにした大葉をめんつゆに加えて混ぜる。

【コチュジャンだれ】

  • ニンニクと生姜をみじん切りにする。
  • コチュジャン、だし、醤油、ごま油、砂糖を入れて混ぜる。
白木耳:甘、淡/平 脾肺腎 肺の働きを良くし皮膚の乾燥や便秘を改善、空咳、咽の渇きに有効。
松の実:甘/微温 肝肺大腸 「養陰潤肺」「通便」
胡桃:甘/温 肺腎大腸 体を温め強壮、強精作用がある、腰を強くして咳、喘息にも有効。胡桃の形から健脳作用があると言われている。

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。