豌豆(えんどう)の豆知識

豌豆(えんどう)
豌豆(えんどう)
疲れや肌荒れに効果的
4月~5月
選び方 全体が鮮やかな緑で、さやにふっくらとした丸みとハリがあるもの。
下処理 さやからだした豌豆(えんどう)を塩を入れた沸騰したお湯に入れ、
再び沸騰してから中火で2~3分茹でます。
急激に冷ますとしわが寄ってしまうので、
水を細く長く入れながら、ゆっくり冷まして色止めをします。
保存術 さやつきのものを買ってきたら、すぐ風味が落ちるので乾燥をさせないように、
ビニール袋に入れて、野菜室で保存します。
その日に使い切らない場合は、下茹でをして冷蔵庫で保存します。
【冷凍】
固めに茹でて冷凍します。
凍ったままお料理に使います。
代表的なレシピ 豆ごはん、卵とじ

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。