30分以内

記事一覧

薬膳料理レシピ:鶏パセリ団子と蓮根の炊き合わせ

棗(なつめ)、椎茸、鶏肉と気を補う効能のある食材を組み合わせています。気虚の場合は胃腸の気も虚しているので、ほんのり甘く、胃腸に優しい味付けをしてあげて下さいね。 棗(なつめ) 椎茸 蓮根(れんこん) 鶏肉 パセリ 酒

薬膳料理レシピ:梨と大根の和え物

喉が乾燥してイガイガして、何となく熱っぽて咳が出る時は消炎作用のある大根と熱を冷ます梨の組み合わせがお勧めです。 梨 大根 リンゴ酢 クコの実 梨は食べやすい大きさのいちょう切りにする。 大根はすりおろし、軽く絞る。 ク

薬膳料理レシピ:牛肉のたたき・棗ソース

なかなか貧血が改善されないときは動物性の物も少し摂りいれてみましょう。 牛肉は脂の少ない赤身肉がお勧めです。棗(なつめ)と合わせることで補血の効果を高めます。 牛赤身肉 棗(なつめ) バルサミコ酢 ~牛肉のたたき~ 牛肉

薬膳料理レシピ:まぐろと香味野菜のカルパッチョ

まぐろは血液を増やす食材です。玉ねぎなどと合わせれば血液サラサラ、疲労回復効果抜群! 血色の良い、健康美肌効果も期待できます。 2013年7月31日放送のおはよう朝日(朝日放送)『けさのクローズアップ』にてこのレシピが紹

薬膳料理レシピ:三つ葉・金針菜・玉ねぎのかき揚げ・鬱金風味

薬膳ではめずらしい揚げ物ですが、ストレスを感じるときには必ずレモンなどの柑橘類を添えましょう。 三つ葉 金針菜 玉ねぎ 小麦粉 鬱金 レモン 三つ葉、金針菜、玉ねぎは食べやすい大きさに切る。 鬱金を加えた揚げ衣に材料をく

薬膳料理レシピ:エビとネギのピリ辛炒め

腰は「腎の腑」と呼ばれています。海老は体を温め、腎に入る食材です。腰の冷えを感じる時にお勧めの一品です。 むきエビ   葱   鷹の爪   酒 少々 片栗粉 少々 オイスターソース &nbs

薬膳料理レシピ:鶏手羽の黒酢煮込み

アンチエイジングは黒色食材がポイント! 冬の冷えが辛く感じたら香辛料を上手く使ってポンポン温めて上げましょう。 鶏手羽 8切れ 黒木耳(くろきくらげ) 10g 棗(なつめ) 8個 酒、水、黒酢 各60cc 黒砂糖 大さじ

薬膳料理レシピ:蕪と白木耳の味噌汁

ほんわり温まる蕪の味噌汁に体を潤す白木耳(しろきくらげ)を加えて、秋の乾燥からお肌を守りましょう。 小蕪 カブの葉 白木耳(しろきくらげ) 味噌 沸かしただし汁に水で戻した白木耳(しろきくらげ)、食べやすい大きさに切った

薬膳料理レシピ:鯖のサッパリ梅煮

鯖は血液サラサラ効果が期待できますが、青魚独特な脂の臭いは夏には食べにくいもの。 サッパリとした梅を加えて薄味で煮つければ、食欲増進、疲労回復効果もアップの夏バージョン。 体に優しく取り入れるには自然界と体の調和を加味し

薬膳料理レシピ:決明子(ハブ茶)のゼリー桂花シロップ

決明子(けつめいし)(ハブ茶)は、目の疲れを癒し、肝臓の働きを助ける働きをすると言われています。 また通便作用があり、便秘での肌トラブルに有効です。 桂花(けいか)の甘い香りは気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。 や

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。