初心者さんのためのお料理教室

【第三回 ダイエット中でもヘルシー】 ほうじ茶ケーキとやわらかミントゼリー

ほうじ茶ケーキとやわらかミントゼリー

薬膳ポイント:脂肪は米油大さじ1だけ!お茶の香りが癒し系。コレステロールが気になる人の体にも優しいケーキです。

今回は料理家・早川先生に教えていただきました

ほうじ茶ケーキ:
脂肪は米油大さじ1!ふんわりお茶の香りが癒し系。スッキリした後味は生姜の入ったクリームだから・・・ コレステロールが気になる人も体に優しいケーキです。
茶葉はティーパックを使うと便利です。

やわらかミントゼリー:
紫外線からお肌を守り、ほてった体を冷ましてくれる夏に向けてのデザートです。

ほうじ茶ケーキ

材料

  • 【スポンジ(直径15cm丸型1台分)】
  • 卵 2個
  • 三温糖 60g
  • 薄力粉 60g
  • ほうじ茶(粉) 6g
  • 米油 15g
  • 豆乳 大さじ2(A)
  • 水 大さじ1(A)
  • ほうじ茶(粉) 2g(A)
  • 【豆乳生姜クリーム】
  • 豆乳入りホイップ 100cc
  • 粉砂糖 10g
  • 生姜すりおろし 10g
  • 【トッピング】
  • 黒豆甘煮 適量
材料

ほうじ茶ケーキ 作り方 調理時間1時間

  • 下準備:薄力粉は2回ふるっておきます。
    小鍋に水、豆乳を沸かした中にほうじ茶(粉)2gを加えて蒸らし、冷ましておきます。(A)
    オーブンを180℃に温めておきます。
  • 1.ボールに全卵をほぐし、三温糖を加えて60℃くらいの湯煎にかけて泡立てます。
  • 2.生地が人肌に温まったら湯煎からはずし、つやが出てもったりとするまで一気に泡立てていきます。
    垂らした時にリボン状の跡が残るくらいになったら、低速にしてキメを整えます。

最後のキメを整える作業があるとないとでは出来上がりの食感に大きな差が出ますよ。

ボールに全卵をほぐし、三温糖を加えて60℃くらいの湯煎にかけて泡立てます。
  • 3.ふるっておいた薄力粉、ほうじ茶(粉)をふり入れ、気泡を壊さないように底からすくうようにしてゴムベラで全体を混ぜ合わせます。
  • 4.(A)、米油の順に、ゴムベラで受けながら全体に流し、手早くさっくりと混ぜていきます。
    生地を型に一気に流しいれる。型の縁を持って軽く上から2回くらい落して空気抜きをし、180℃のオーブンで約25分焼きます。
生地を壊してしまわないようにさっくり混ぜましょう

ふんわり感を出すのなら、
薄力粉を入れたあと手早く混ぜ合わせましょう。
米油を入れるときは、
ゴムベラを伝うようにそっと入れます。

  • 5.豆乳生姜クリームを作ります。
    豆乳入りホイップと粉砂糖を混ぜ合わせ氷水にあてながら7分立てに泡立てる。生姜のすりおろしを混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしておきます。
  • 6.焼き上がり冷ましておいたほうじ茶ケーキの上に、豆乳生姜クリーム、黒豆甘煮などお好みでトッピングしましょう。
最後の仕上げに海苔を入れて香り抜群

- ケーキを焼いている間に -やわらかミントゼリー

材料

  • 水 200cc
  • グラニュー糖 大さじ2
  • 粉ゼラチン 2g(お湯でそのまま溶けるタイプを使用)
  • ミントの葉 6g
  • 飾り用ミントの葉 適量
やわらかミントゼリー材料

やわらかミントゼリー 作り方 調理時間20分

  • 1.小鍋に水とグラニュー糖を入れて火にかけ、沸騰したらミントの葉を加え、蓋をして火を止めます。
    そのまま3分くらい蒸らしミントの香りを移す。

    生ハーブは火を消す寸前に加え、蒸らす感覚で香りを出します。
    葉の色が気になるのなら、砂糖を先に加えましょう。
ミントの香りがとっても爽やか
  • 2.ボールに移し、底を氷水にあてかき混ぜながら
    粗熱を取ります。
    飾り用のミントの葉をちぎって入れ混ぜ合わせる。
  • 3.タッパに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
    (途中少し固まりかけた頃に混ぜ合わすと、ミントの葉がゼリーの中に綺麗に混ざります。)
  • 4.グラスなどにスプーンですくって盛り付けて出来上がり。
飾り用のミントの葉をちぎって入れ混ぜ合わせる
出来上がり
15 / 17«1314151617»

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。