気滞

気滞(きたい)とは、気が体内をうまく巡らずに、その流れが滞っている状態です。
気の滞りの対策には柑橘類、セロリ、春菊、茗荷(みょうが)、菊花、ミント、カモミールなどの香りでスッキリするものがお勧めです。 激辛味、餅米や焼き芋などガスの出るものは控えましょう。

>>「気滞」体質について詳しく知る 体質チェック

記事一覧

薬膳料理レシピ:砂肝の香味和え

砂肝は鶏の胃の一部で食べ物を砕く所です。胃もたれや腹部に膨満感がある時にお勧めです。丁寧に白い筋を除くと柔らかく食べられます。辛味の食材を少しだけ加えて胃を温めて働きを活発にして上げましょう。 砂肝 200g 五香粉 小

薬膳料理レシピ:三つ葉・金針菜・玉ねぎのかき揚げ・鬱金風味

薬膳ではめずらしい揚げ物ですが、ストレスを感じるときには必ずレモンなどの柑橘類を添えましょう。 三つ葉 金針菜 玉ねぎ 小麦粉 鬱金 レモン 三つ葉、金針菜、玉ねぎは食べやすい大きさに切る。 鬱金を加えた揚げ衣に材料をく

薬膳料理レシピ:決明子(ハブ茶)のゼリー桂花シロップ

決明子(けつめいし)(ハブ茶)は、目の疲れを癒し、肝臓の働きを助ける働きをすると言われています。 また通便作用があり、便秘での肌トラブルに有効です。 桂花(けいか)の甘い香りは気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。 や

あさり

浅利(あさり) 貧血改善、肝臓の働きをサポート 3月~10月 選び方 殻の色が白っぽく、模様がはっきりしているもの。形が平たいもの。殻がしっかり閉じているもの。 下処理 買ってきたらよく水洗いした後、殻がほんの少し出るく

薬膳料理レシピ:菊花柚子寿司

ストレスを感じると何となく体が熱をもっているような気がします。 ホロ苦い味は熱を鎮める効果があると言われています。 そして気の流れをスムーズにしてくれる柑橘類のさっぱりした香り。 気詰りは翌日に持ち越さないで、その日の内

薬膳料理レシピ:イカとセロリの塩味炒め

セロリは独特の香りで気を巡らせイライラを解消します。 シャキシャキとした歯触りが残るぐらいに手早く炒め、香りを残しましょう。 血を増やすイカを合わせて一生懸命働いている肝の働きを助けましょうね。 腹が立ったらセロリをバリ

薬膳料理レシピ:春菊と菊花の煮びたし

春菊の香りは滞った気の流れをスムーズにし、イライラを解消してくれます。 香りって脳に直接働きかける大切な要素なんですね。 手早くサッとの調理法で香りを大切にして、効能を充分に取り入れて下さいね。 春菊 菊花 クコの実 出

薬膳料理レシピ:ターメリックの炊き込みご飯

ターメリックは気血を巡らし、ストレスからの胸脇部の痛みや生理不順に効果が期待できるスパイスです。 体を温めるので、冷え性でストレスに弱い人や、自律神経の乱れで「ストレス冷え」になってしまったときに嬉しいご飯です。 米 干

薬膳料理レシピ:緑茶菊花茶

緊張が続いて興奮状態にあると目がさえて中々眠りにつく事が出来ません。そんなときは熱を鎮めるタイプの緑茶菊花茶がお勧めです。菊花と緑茶の苦味が心地よく、気分が落ち着いてきます。 菊花 クコの実 緑茶 温めた茶碗に菊花、緑茶

薬膳料理レシピ:蕪と海老の生姜あんかけ

蕪はお腹の冷えの痛みをやわらげる温性の食材です。 足腰の冷えに有効とされる海老と合わせて下半身の冷えを解消しましょう。 体を温めるなら炒り子だし、鰹(かつお)だしだし。熱を除くときは昆布だし。比較的穏やかでどちらにも使え

その他の体質

2 / 3123

楽食プロダクション

おばんざい薬膳 -楽食Story-(らくしょくストーリー)
おばんざい薬膳 -楽食Story-は薬食楽膳を基本として、身体に関するスペシャリストが楽しく美味しい薬膳を紹介しています。
体質を理解し、自分にあった食事をすることで、健康で美しく心豊かな生活を送れるお手伝いをしています。
詳しくはこちらをご覧ください。